犬でも椎間板ヘルニアになる可能性が否定できない

動く宝石と呼ばれる犬

ヨークシャテリア

初心者でも飼いやすい

イギリス原産の小型犬、ヨークシャテリアは、もともとはネズミ捕り用の番犬として誕生したという歴史を持っています。愛玩犬として飼われ始めたのは戦後のことで、光沢のある美しい被毛、とくに、生まれたときは黒色の被毛が、成長とともに変化するという特徴があり、飼い主の楽しみのひとつとなっています。またヨークシャテリアの被毛は、一本の毛穴から一本の毛しか生えていないシングルコートなので、シャンプーなどの手入れがしやすく、室内犬としてはおとなしい性格で、無駄吠えをあまりしないことも、飼いやすさの利点となっています。小型犬のなかでも食べる量はさほど多くはなく、エサ代がかからず、運動量も少量で済むため、まさに初心者や忙しい人でも飼うことが可能な犬種です。そのくせ好奇心は旺盛で、意外と活発な一面もあるため、いつまで見ていても飽きない魅力があります。ヨークシャテリアを買う際に気をつけなければならないのは、しつけをしっかりするということです。ヨークシャテリアはあまり人見知りしない、社交的な犬種ですが、もともと番犬だったこともあり、我の強い一面もあるため、飼い主がリーダーであることを認識させる必要があります。とくに、留守にしがちな生活をする場合、いたずらをしたり、食糞行為に走ったりする場合があるため、子犬のときからしつけを行なうことが重要です。アイコンタクトをしっかりする、生活にリズムをつけ、時間以外にエサを与えないといったルールを徹底させることで、ヨークシャテリアとの信頼関係を築くことができます。