犬でも椎間板ヘルニアになる可能性が否定できない

愛嬌のある表情が人気

柴犬

穏やかで従順な性格

コロンとした小さな体と愛嬌のある表情が魅力の豆柴は日本だけでなく世界中で人気があります。古くから日本で愛されてきた柴犬を小型に改良したのが豆柴で、昭和30年ごろから作られているといわれます。毛色は茶、黒、胡麻、白などで多くは茶色です。成犬になっても凛々しさのなかに子犬のような愛くるしい表情が残ります。体高は30センチ程まで成長し、オスのほうがメスよりも一回り大きくなります。豆柴の人気の秘密は見た目のかわいらしさだけでなく従順な性格にもあります。飼い主に忠実に尽くすタイプの犬種なのでしつけ次第では最高のパートナーになってくれます。頭がよいので一度覚えたことはしっかりと守り、大きないたずらをすることも少ないようです。穏やかな性格なので子供のいる家庭でも安心して飼うことができ、初心者にもおすすめです。体が丈夫なのもポイントです。室内だけでなく室外でも飼うことができ、家族以外に対しては警戒心が強いので番犬としての役割も果たしてくれます。豆柴の体のお手入れもとても簡単です。被毛は短く季節によって生え変わるのでトリミングに連れて行く必要はありません。散歩のあとにブラッシングをすれば1週間に1回シャンプーをしてあげる程度で十分です。短毛なので家のなかが毛だらけになる心配もなく、難しいケアをしなくてもきれいに保つことができます。頑丈な豆柴ですが皮膚疾患には注意が必要です。柴犬と同様に真菌や内分泌異常による皮膚病を起こしやすい傾向にあるので生活スペースを清潔に管理してあげましょう。